ウィル・スミスは何を言われたのか?アカデミー賞司会者の言葉や対象映画作品を調査

ウィル・スミスがクリス・ロックに平手打ちする画像

2022327日、アカデミー賞が発表されて、おおいに話題になりましたね。

さて、アカデミー賞では、いろんな作品、スタッフ、キャストがノミネート、受賞となって注目される一方で、別の意味での話題もありました。

ウィル・スミスさんが騒ぎを起こしたのです。

アカデミー賞司会者の言葉が原因だったとのこと。

では、アカデミー賞でウィル・スミスさんは何を言われたというのでしょうか?

また、ウィル・スミスさんのアカデミー賞対象映画作品、アカデミー賞の他の対象映画作品についても、どういったものがあったというのか、見ていきたいと思います。

ウィル・スミスのプロフィール

ウィル・スミスさんは、1968925日、アメリカ出身の54歳。

1987年、アルバム『Rock The House』でラッパーとしてデビューし、1988年には、シングル「Parents Just Don’t Understand」でグラミー賞最優秀パフォーマンス賞を受賞しました。

1992年には、『ハートブレイク・タウン』で映画デビューしています。

以後、ハリウッドを代表するスターになっていくことに。

これまでに、映画では、『インデペンデンス・デイ』、『メン・イン・ブラック』、『ALI アリ』、『幸せのちから』、『コンカッション』、『ドリームプラン』といった作品に出演してきました。

また、これまでの受賞歴は、アカデミー主演男優賞、ハリウッド映画賞主演男優賞などとなっていました。

アカデミー賞でウィル・スミスは何を言われたのか?アカデミー賞司会者の言葉は?

さて、このようなウィル・スミスさんは、アカデミー賞で、アカデミー賞司会者の言葉が原因で、ブチ切れ、騒ぎを起こしてしまうという展開に。

はたして、アカデミー賞でウィル・スミスさんは何を言われたのでしょうか?

そして、アカデミー賞司会者のウィル・スミスさんへの言葉とは

ウィル・スミスさんは、アカデミー賞司会者のクリス・ロックさんから侮辱的ともいえる発言を受けて、彼に殴りかかるというトラブルに発展していました。

クリス・ロックさんは、ウィル・スミスさんの嫁のジェイダ・ピンケット・スミスさんの髪形を侮辱していたのです。

ちなみに、ジェイダ・ピンケット・スミスさんは脱毛症だったとのこと。

彼女が脱毛症にひどく悩んでおり、夫であるウィル・スミスさんも熱心にサポートしていたのでしょう。

クリス・ロックさんにウィル・スミスさんやその家族を中傷する意図はなかったようですが、これはいただけませんね。

ウィル・スミスさんもまずかったでしょうが、クリス・ロックさんも反省すべきではないかと思います。

ウィル・スミスのアカデミー賞対象映画作品

そんなウィル・スミスさんのアカデミー賞対象映画作品とは、どういったものだったのでしょうか。

それは、映画『ドリームプラン』でした。

映画『ドリームプラン』で、ウィル・スミスさんは後に、アカデミー主演男優賞を受賞しています。

映画『ドリームプラン』は、2021年に公開されました。

レイナルド・マーカス・グリーン監督作品で、主演はウィル・スミスさんです。

主人公は、それまでにテニスの経験がまったくなかった、リチャード・ウィリアムズという男性。

そんなリチャード・ウィリアムズには、ビーナスとセリーナという2人の娘がいて、彼女たちはとても才能があったのでした。

やがて、そんなビーナスとセリーナは、その後、テニス界に大きな革命を起こすことになるのです。

アカデミー賞の他の対象映画作品

おしまいに、ウィル・スミスさんのアカデミー賞対象映画作品以外の、アカデミー賞の対象映画作品も見ていきましょう。

アカデミー賞対象映画作品のうち、もっとも栄誉ある作品賞にノミネートされたのは、『ベルファスト』、『コーダ あいのうた』、『ドント・ルック・アップ』、『ドライブ・マイ・カー』、『DUNE/デューン 砂の惑星』、『ドリームプラン』、『リコリス・ピザ』、『ナイトメア・アリー』、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』、『ウエスト・サイド・ストーリー』。

これらのうち、日本の濱口竜介監督、西島秀俊さん主演の『ドライブ・マイ・カー』が、日本では特に注目されました。

結果、作品賞には『コーダ あいのうた』が決まりましたが、『ドライブ・マイ・カー』は、ほか、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞にノミネートされ、見事、国際長編映画賞を受賞しています。

以上、ここでは、ウィル・スミスさんは何を言われたのか、アカデミー賞司会者の言葉は何だったのか、ウィル・スミスさんのアカデミー賞対象映画作品、アカデミー賞の他の対象映画作品について、取り上げてきました。

ウィル・スミスさんの騒ぎは感心できないものの、アカデミー賞司会者の言葉を考慮すれば、気持ちは分からなくありませんね。

一方、日本の濱口竜介監督の映画『ドライブ・マイ・カー』は、作品賞を逃したのは惜しかったものの、国際長編映画賞受賞は大変おめでたいことでした。

今後も、邦画が世界からおおいに評価されることが増えればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)