田中道子(女優で二級建築士)が描いた理想の間取り画像や学歴と芸能界入りの経緯を調査

田中道子の画像

女優として、これまでにたくさんの作品に出演したことで知られている、田中道子さん。

しかし、そんな田中道子さんといえば、女優だけではなく、二級建築士でもあるという、多才な女性だったのでした。

そこで、田中道子さんとは、どういった経歴の人物だったのかを、これからチェックしていきたいと思います。

はたして、田中道子さんの芸能界入りの経緯とは、どういったものだったのでしょうか。

また、田中道子さんの学歴は、いったい、どうなっていたのかも調べてみました。

ここでは、田中道子さんが描いた理想の間取りの画像というものも追っていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

【関連】

1.田中道子(女優で二級建築士)のプロフィール

田中道子さんは、1989年8月24日、静岡県の出身で、2021年2月現在の年齢は31歳です。

所属芸能事務所はオスカープロモーション。

趣味は絵を描くこと。

特技はピアノ、ハープの演奏、テニス、スキューバダイビング。

好きな飲み物はカフェオレ。

そして好きなサッカーチームはジュビロ磐田でした。

さて、中学生になるまではテニスをしていた田中道子さんは、高校生になると断念して、吹奏楽で活躍するようになりました。

そして後述する大学に進学すると、立て続けに、美容関係で注目されていくことになったのです。

まず2009年には、ミス浜松でグランプリに選ばれ、2011年には、ミス・ユニバース・ジャパンにおいて3位になったのでした。

その後、田中道子さんは、二級建築士の資格を取得。

こうした経歴もあって、華やかな受賞歴を誇りつつも、田中道子さんは、芸能界志望ではなく、当初は一般人として建設会社に就職しようとしていたのです。

ところが、やはり後述するような経緯があって、田中道子さんは、はれて芸能界入りするという流れになったのでした。

そして2013年には、またしても美貌を買われたことで、ミス・ワールドの日本代表にまで選ばれたのです。

こんなものは、美人の芸能人でも誰でもなれるものではありませんから、たいしたものでしょう。

そんな田中道子さんは、女優の道に進むことになり、2016年、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』に出演したことによって、女優デビューをはたしたのでした。

これまでに田中道子さんが出演してきたドラマは、NHK大河ドラマ『西郷どん』、『貴族探偵』、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、『後妻業』、『偽装不倫』、『M 愛すべき人がいて』、『君と世界が終わる日に』などとなっています。

また、田中道子さんは、女優としての活動以外においても、2017年には、故郷である静岡県浜松市のやらまいか大使に起用されるなど、活動を展開していたのでした。

今後も田中道子さんのあらたな動きを注視していきましょう。

2.田中道子(女優で二級建築士)の芸能界入りの経緯

先述のように、大学卒業後、二級建築士の資格を生かして、建設会社に入ろうとしていたという、田中道子さん。

それでは、どうして芸能界入りすることになったのでしょうか。

その経緯とは、建設会社に入ろうと就活していた田中道子さんが、現在の所属事務所であるオスカープロモーションの関係者にあいさつに行ったことなのでした。

そうしたところ、オスカープロモーションの社長から、女優になりたいならレッスンをするよう言われて、なろうと考えたというのですね。

つまり、田中道子さんは、このおかげで就活が不要になったばかりか、芸能人にもなれたわけですから、実に幸運だったといえるでしょう。

3.田中道子(女優で二級建築士)の学歴

そんな田中道子さんは、学校はどこを出ていたのでしょうか。

二級建築士の資格を取得したこともありますし、ふつうの芸能人よりも気になりますよね。

田中道子さんが卒業した学校は、高校は浜松市立高校、大学は静岡文化芸術大学でした。

浜松市立高校からは、鷹野つぎさん、河野多麻さん、柳澤紀子さん、戸塚貴久子さん、倉本由布さん、笹瀬弘樹さん、杉浦はる香さんなど。

静岡文化芸術大学からは、久米里紗さん、青木美菜さん、鈴木美花さん、渡部清花さんなどといった著名人が出ていました。

4.田中道子(女優で二級建築士)が描いた理想の間取り画像

二級建築士でもあった田中道子さんは、伊達に資格を持っていただけではありませんでした。

理想の間取りを描いていたのですね。

https://beauty.oricon.co.jp/news/2153289/photo/6/

これが披露されたのは、レセプションパーティーのトークショーでした。

理想の住まいを問われて、みずから描いた理想の間取りを披露したという、田中道子さん。

そこには、好みによってカスタマイズできるLDK、開かれたバルコニーが描かれていたそうです。

あれだけの美人ですし、ぜひ、田中道子さんの設計した家に住んでみたいですね。

【関連】

田中道子さんは、その、あまりの多様な才能に驚嘆させられます。

女優だけでもすごいのに、建築や故郷への貢献でもご活躍とは、すばらしい限り。

2021年も、さらに飛躍してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)