隈研吾が設計したガラスの旅館(静岡)の口コミレビューや場所と宿泊料金を大調査

隈研吾のガラスの旅館ATAMI海峯楼の画像

今回は建築家の隈研吾さんと、彼が設計した静岡県のガラスの旅館について、お届けしていきたいと思います。

隈研吾さんは、きわめて著名な建築家。

そして隈研吾さんが設計した静岡県のガラスの旅館とは、ATAMI海峯楼というところでした。

はたして、隈研吾さんとは、どういった経歴の人物だったのでしょうか?

また、隈研吾さんが設計した静岡県のガラスの旅館、ATAMI海峯楼も、どういう施設だったのか、気になりますよね。

そこで、ATAMI海峯楼の場所はどこなのか、宿泊料金はいくらなのか、そして口コミレビューについても、探ってみました。

それではさっそく、隈研吾さんとATAMI海峯楼について、ご覧ください。

【関連】

1.隈研吾のプロフィール

隈研吾さんは、1954年8月8日、神奈川県の出身で、現在の年齢は67歳となっています。

[blogcard url=”https://images.app.goo.gl/WuuTtt61x8shCX6a6″]隈研吾の画像[/blogcard]

猫が好きだったという隈研吾さんは、獣医になりたいと考えていたものの、父親がデザインが好きだったことに影響を受け、建築に傾倒していくようになったのでした。

大学院修了後、隈研吾さんは、日本設計に入社。

そして戸田建設に勤務したり、コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員を務めたりして、1990年、隈研吾建築都市設計事務所を設立したのです。

その後、隈研吾さんは、法政大学工学部建設工学科非常勤講師、慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授、イリノイ大学建築学科客員教授、東京大学工学部建築学科教授を務めるなど、学者としても活躍していきました。

さらに2008年には、フランスにKuma & Associates Europeを設立。

近年の活動としては、2018年に、高知県立林業大学校校長に就任したほか、2020年に、東京大学特別教授、岡山大学工学部特別招聘教授に就任しています。

また、叙勲、受賞歴もすばらしいもので、1997年には、日本建築学会賞作品賞。

2001年には、村野藤吾賞。

2009年には、フランス芸術文化勲章オフィシエ。

2010年には、毎日芸術賞。

2011年には、芸術選奨文部科学大臣賞。

2019年には、紫綬褒章となっていました。

また、隈研吾さんは、著書も多く、1986年の『10宅論―10種類の日本人が住む10種類の住宅』。

1990年の『10宅論―10種類の日本人が住む10種類の住宅』。

1989年の『グッドバイ・ポストモダン―11人のアメリカ建築家』。

1994年の『新・建築入門―思想と歴史』、『建築的欲望の終焉』。

1995年の『建築の危機を超えて』。

2004年の『負ける建築』。

2007年の『隈研吾:レクチャー/ダイアローグ』。

2008年の『自然な建築』。

2009年の『反オブジェクト―建築を溶かし、砕く』。

2012年の『場所原論―建築はいかにして場所と接続するか ポスト震災の新しい建築哲学─18事例の素材・詳細を図解』、『対談集 つなぐ建築』。

2013年の『小さな建築』。

2014年の『僕の場所』。

2016年の『建築家、走る』、『なぜぼくが新国立競技場をつくるのか』。

2018年の『場所原論II-建築はいかにして都市と統合できるか』。

2020年の『点・線・面』、『ひとの住処 1964-2020』、『隈研吾による隈研吾』となっています。

2.隈研吾の学歴

輝かしい経歴の持ち主だった隈研吾さんは、学歴もすごいものでした。

小学校は大田区立田園調布小学校。

中学校、高校は栄光学園中学校・高校。

そして大学は東京大学工学部建築学科、大学院は東京大学大学院建築意匠専攻修士課程修了だったのです。

さらに、隈研吾さんは、2007年には、博士(学術)を取得していたのでした。

3.隈研吾が設計したガラスの旅館(静岡)の場所と宿泊料金

続いては、隈研吾さんが設計した静岡県のガラスの旅館、ATAMI海峯楼について、見てまいりましょう。

ATAMI海峯楼は、1995年に竣工しており、それ以来、その歴史は、2021年現在、四半世紀を超えるものとなっていました。

場所は、静岡県熱海市春日町8-33です。

そんなATAMI海峯楼の宿泊料金は、JAPANESE ROOM/和室/爽和・さわの、2名宿泊、1泊2食付きの場合には、6万4000円~となっていました。

もしも、熱海に旅行をする機会があったら、一度、隈研吾さんの手によるATAMI海峯楼に、宿泊してみたいものですね。

4.隈研吾が設計したガラスの旅館(静岡)の口コミレビュー

このような、隈研吾さんが設計した静岡県のガラスの旅館、ATAMI海峯楼。

外観を始めとして、宿泊してみるメリットは、多々、あるといえます。

しかし、ATAMI海峯楼といえば、それ自体のみならず、周辺の観光名所のほうも、絶対に見逃しがたいところ。

熱海城、熱海梅園などといったところがあったのでした。

熱海城は、桜の名所、そして花火大会の見物スポットとして人気。

一方の熱海梅園は、早く咲く梅、遅い紅葉によって、それぞれ非常に知られています。

[blogcard url=”https://www.ikyu.com/00001663/#review-modal”]トラベルサイト「一休.com」の口コミページ[/blogcard]
【関連】

隈研吾さんは、国際的に活躍していた建築家ということで、すばらしい限りですね。

そして、そんな隈研吾さんが設計した静岡県のガラスの旅館、ATAMI海峯楼もまた、魅力あふれるものでした。

2021年も、隈研吾さんの活躍を見守りつつ、機会がある方は、ATAMI海峯楼に立ち寄ってみましょう。

【参考】
水 / ガラス|ATAMI海峯楼|隈研吾建築都市設計事務所公式

https://kkaa.co.jp/works/architecture/water-glass/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)