DJ松永は何を言った?早稲田学祭でスーパーフリー揶揄の具体的内容を調査

DJ松永スーフリ揶揄謝罪の画像

「AGESTOCKって名前が変わっただけのスーフリだろ?和田さんだろ?」

DJ松永さんは、ヒップホップユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のDJです。

早稲田大学の学園祭「早稲田祭」二日目(11月6日)に登場したステージで、スーパーフリー事件を揶揄したことについてTwitterで謝罪したというニュースがありました。

この記事ではDJ松永さんが具体的に何を言ったのか調査した結果をお伝えしています。

DJ松永が揶揄したスーパーフリー事件とは?

スーパーフリー事件とは、早稲田大学のインカレサークルだった「スーパーフリー」のメンバーが起こした大規模な性犯罪です。

非常に多くの事件があったようですが、実際に提訴されたのは2001年12月19日の鍋パーティで19歳の女性を泥酔させて3人で性的暴行をした事件と2003年4月27日に居酒屋で泥酔させた18際の女性に13人で性的暴行を加えた事件、そして2003年5月18日に再び同じ居酒屋で泥酔させた20歳の女性に5人で性的暴行を加えた事件の3つでした。

裁判の結果、スーパーフリーの代表者は懲役14年、その他のメンバー13人は懲役10年から2年4ヶ月の実刑となりました。

DJ松永が言った具体的内容とは?

DJ松永さんはスーパーフリー事件を揶揄したとして問題となっているようですが、ニュース記事を見ても、どうも具体的な発言内容がわかりませんでした。

そこでその他ネット記事やTwitter等で調査した結果、

・スーパーフリー代表者の名前をネタにして出した
・主催側の質問により誘導尋問された

という2パターンの詳しい内容が出てきました。

スーパーフリー代表者の名前をネタにしたというのは信ぴょう性に欠ける印象。

一方、主催者側の質問というのはさらに、「早稲田で有名なサークルといえば?」といったものだったというより具体性のあるものだったことがわかっています。

スーパーフリーの代表者の名前はネットで広く出回っていますし、それをネタにする人は一定数いるようです。

しかし仮にDJ松永さんがそういう人物の名前を持ちネタのように扱うということがあったとすれば、それはあってはならないことでしょう。

無名の一般人が悪ノリで使うのであればさして問題ではありませんが、DJ松永といえば影響力のある有名人ですからね。

しかし、質問によって誘導尋問されたのであればいささか気の毒といったものです。

それでも影響力を考えれば養護できるものではないかもしれませんが、キャラを考えたら少し大目に見たい気持ちがあるという人も多いかもしれません。

今後、実際に早稲田祭のステージを見た人からの情報が出てくるでしょうし、具体的に何をDJ松永さんが言ったのか、詳細が分かるのを待ちましょう。

といったところで、新たに分かったのが「AGESTOCKって名前が変わっただけのスーフリだろ?和田さんだろ?」と言ったということ。

AGESTOCKというのはこの早稲田祭でのライブを主宰したサークルのことのようです。

スーフリはスーパーフリーのことで、和田さんというのはスーパーフリーの代表のことみたいですね。

DJ松永さんが本当にこの発言をしたのかどうかは、今の所動画などが出ていないのでなんとも言えません。

多くの人はウケていたそうですが、コレではやはり不用意だったという他ないですね。

【関連】

ということで今回はDJ松永さんについてでした。

思わぬところで発言が取り上げられてしまったDJ松永さんですが、反省すべきところは反省し、今後はより気を引き締めて活動していってほしいものです。

こういったことでよりDJパフォーマンスやCreepy Nutsの曲が注目されるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)